簡単な画像ダウンロードライブラリーを作ってみた

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

独自にライブラリーの開発を行っており、まだ試験的ではあるものの、画像の取得・管理を行うためのライブラリー「PFImageStore」を開発し、GitHubに上げている。現在は試験的に動くようになったという状況のみで、まだ実用レベルには達していないものの、完成度については少しずつあげていきたいと考えている。

本ライブラリーは、Satoshi Nakagawa氏のImageStoreの影響を受けているものの、記述がモダンに、なおかつiOS/macOSの両方に対応できるようにほぼゼロから書いたものである。大きな違いは以下の通りである。

  • Carthageに対応 (CocoaPodsにも対応予定)
  • iOS 8以降/OS X Mavericks以降対応
  • デリゲートベースからBlocksベースに変更
  • NSURLConnectionベースからNSURLSessionベースに変更

なお、本ライブラリーはMITライセンスの下で配布している。

現時点ではドキュメント類は未完成だが、完成次第、順次展開していきたい。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする