LinuxとMacの関係

Linuxユーザーの中にはMacを使う利用者も少なくないとのことである。中にはMacの中にLinuxをインストールして使うという人もいるという。さて、LinuxはMacを使う上でどういう意味があるのだろうか、私なりに色々と述べてみたい。

まず、LinuxもmacOSもいわゆるUNIX系に属するOSである。うち、LinuxはSUSの認証を受けていないため、正式にはUNIXを名乗ることはできないが、macOSはSUSの認証を受けている正式なUNIXである1 。このことで、LinuxとmacOSはシステム上、UNIX系システムに由来する各種処理におけるAPIでの互換性は一定レベルあるということになる。

これによって、Linuxのツール類をMacで開発するといった場合も、Macに依存する機能を除けば概ね互換性は維持できるということになり、なおかつMacの利便性やハードウェアのデザインを気に入っているという開発者も少なくないということを考えると、必ずしも奇妙なこととは言えない部分も大きいかもしれない2

これらから、LinuxとMacはシステム的には案外近いものなのかもしれない。もちろん、一緒にすることはできないが、それぞれの共通点を生かした開発という点でアプローチにはなりそうである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
  1. cf: Apple Inc. – UNIX 03 – The Open Brand – Register of Certified Products []
  2. もちろん、Mac嫌いのLinux使いも少なくないが []
スポンサーリンク

フォローする