Safari 10でtarget=”_blank”の挙動が変わった?

私はmacOSを使っている関係上、メインのブラウザの一つとしてSafariを使っているのだが、macOS Sierra + Safari 10でtarget="_blank"の挙動でタブが開かれた時の挙動に変化があり、気づいていれば結構便利なものになっていることに気づいた。

これは、以下のようなHTMLリンクが貼られている時に効果を発揮する。

Googleへ飛ぶ

上記のURLをmacOS SierraのSafari 10で開いた時、新しく開かれたタブは戻るボタンが使えるようになっており、戻るボタンを押す、あるいはトラックパッドの操作で戻る処理を行うことでそのタブを閉じて、開いた元のタブに戻れるようになっているのである。

なお、これは一度でも他のタブに移った場合は戻るボタンは無効になり、トラックパッド操作も使えなくなっている。

ちょっとした変化ではあるが、使えるようになるとかなり便利になるだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする