Carthageで必ずソースコードからインストールする場合

Carthageでは、簡単にパッケージをインストールすることができる。多くの場合はソースコードを取得、それをビルドして準備するが、一部のバイナリーが提供されているものについては、それを優先的に使う。この場合、問題を起こすことがあるため、その時はソースコードを使用するように設定することができる。

まず、バイナリー形式のパッケージが提供されている時は、通常はそちらを優先して使用するようになる。この場合、Swiftを使っているパッケージのビルドしたXcodeのバージョンが違うと後々リンクエラーが発生してビルドできなくなってしまう。これは、Swiftのバージョン間の互換性がないように設定されていることによるものである。

この場合は、--no-use-binariesを加えれば、ソースコードからビルドするようになるので、バージョンが変わった時でもある程度は対応可能になる場合がある。

例:

ただし、この場合はプロジェクトがXcodeの最新バージョンに対応していることが求められる。

2017年3月29日追記

Carthageバージョン0.20.0以降はバイナリーを判定し、バイナリーの互換性がない場合は自動的にソースコードからビルドするようになったため、--no-use-binariesを指定する必要は無くなった。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする