MacBook Airは終焉に向かうか

2016年10月28日にアップルはMacBook Airの11インチモデルの販売を終了した。これは、よりモバイル性に優れるMacBookと競合している一方で、見劣りするということが考えられるからである。今後は、MacBook Air自体も終了するのではないのかと個人的には見ている。これについて、私なりに考えを述べてみたい。

まず、近年のノートPCにおいては、高解像度化が進んでいる。iPhone 4に始まり、PCではMacBook Proで導入されたRetinaディスプレイは、今日においてはそれに匹敵あるいは凌駕する高解像度液晶ディスプレイはハイエンドモデルを中心に導入されており、デスクトップでも4Kディスプレイあるいはそれ以上のものが比較的低廉化しつつある。

現状において、MacBook Airはノートブック型のMacでは最廉価モデルという位置付けであるが、モバイル性と性能のバランスが比較的取れているとも言えるものとなっている。とはいえ、MacBook Proのさらなる薄型化、さらにモバイル性に優れたMacBookの登場により、MacBook Airの立ち位置は厳しい状態になっていることがうかがえる。

そのことを考えた時、MacBook Airは今後、終焉の方向に向かうものと考えられる。これは、Macを取り巻く環境の変化へとつながることだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL