WordPressは意外と敷居が高いのかも

もう、数年くらい前からWordPressを使って記事を書き続けているが、ふと気になったことがある。それは、WordPressは意外と敷居が高いのかもしれないということである。

WordPressは、主にブログやCMSとして使われているツールであることはご存知だろう。今日ではブログツールとしては最も使われている部類で、企業でも多くのところで使われているという。当然ながらこのブログでもWordPressを使っている。

さて、WordPressは強力なコンテンツ管理に、プラグインやテーマによる自由度と拡張性の高さ、スマホアプリとの連携といったように、昨日と利便性は少しずつ上がっている。

一方で、WordPressは、多くの場合、レンタルサーバーを借りる、または自身のサーバーにインストールして環境を構築する必要があるということと、その自由度の高さから不適切な設定にしてしまうことが多く、それが障害の原因になる場合も少なくないことがあり、初心者には敷居が高いところがある。

近年レンタルサーバーではWordPressの自動インストール機能が用意されていて、構築しやすくなっているものもあるが、コントロールパネルの設定を適切なものにするのは少々面倒かもしれない。

WordPressを使いこなすのはなかなか難しいところがあり、初心者には敷居が高いものの、上手く使いこなせれば大きな武器になるので、学習して損はないだろう。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする