WWDC 2017が始まったー予想外の発表も多く

2017年6月5日(米国時間)、WWDC 2017が開始した。このイベントは9日まで続く。今回は予想外の発表が多かった印象がある。

WWDC 2017で発表されたのは以下の通りである。

  • Apple TVでAmazon prime videoが利用可能に
  • watchOS 4
  • macOS High Sierra
  • MacBook/MacBook Pro/iMacのマイナーアップデート
  • iMac Pro発表
  • iOS 11
  • iPad Proアップデート。10.5インチ/12.9インチへ変更
  • Apple Pencilアップデート
  • HomePod発表

個人的に予想外だったのはmacOS High Sierraの名称と、MacBook/MacBook Pro/iMacのマイナーアップデート、iMac Proの発表あたりだろうか。HomePodの発表については、いわゆる「Siriスピーカー」の噂をよく見ていたので、ある意味では噂が当たった状態だった。

さて、MacBook/MacBook Pro/iMacのアップデートは、これは、CPUがKaby Lake世代に更新されたことが中心のマイナーなものになっているが、ほぼ全てのMacのモデルがアップデートされる形となった。ただし、Mac Mini及びMac Proの発表はなされなかった。

個人的にはiMac Proの発表が意外だった。iMac ProはiMacのプロ版に当たるようで、CPUは最大18コア、RAMも128GBまで搭載可能とのことである。その分かなり高価なものとなるとのことである。

WWDC 2017では意外な発表があった。そのいくつかは戸惑いが出るものだが、今後に役立てていきたい。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
スポンサーリンク

フォローする