Swift 4で言語仕様が固まってくれれば良いのだが

これ以上、Swiftのメジャーアップデートごとに破壊的な言語仕様の変更は勘弁して欲しいところである。Swift 4でコンバートの必要な変更がなくなればいいのだが・・・。

Swift 2からSwift 3へ移行した時は、バージョン毎の互換性が全くなく、移行には自動・手動でのコンバートが必要だった。これは多くの場合は自動的に行ってくれるが、一部は手動で行う必要のあるものもあり、コードの規模によっては移行だけで工数のかかるという事態もあった。

Swift 3から4においても、Swift 3への移行ほどではないが、言語仕様の互換性がないところもあり、その対応は必要である。

このこともあり、アップルのデバイス向けアプリでは常にメンテナンスが求められるという側面があり、古いアプリを排除することでアプリの新陳代謝を促している面がある。

とはいえ、アプリの更新、特に新しいバージョンへの対応はなかなか面倒なところがあり、毎年そのコストが強いられている状況はもう少し考えて欲しい部分はある。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする