通帳がなくなる日はくるのだろうか?

銀行を利用するとき、通帳を使うことがあるだろうか?私の場合は用途に応じて、6行口座を持っているが、通帳を持っているのは2行にとどまっていて、それで不便を強いられることはほぼなくなっているが、みなさんは通帳がなくなったらどのように感じるだろうか?

大手銀「通帳前提」サービス見直し 維持管理費の削減で検討 預金者反発も』(ITmedia)によれば、近年、大手銀行でも通帳前提のサービスの見直しを検討しているという。この背景には、一部の銀行を除き、しばしば通帳が使われているが、その発行・管理コストは実はかなりついているという。しかも多くの場合は手数料を徴収しないというシステムになっており、イメージとはかなりかけ離れている。

その対策として、各銀行ではすでに通帳を発行しない口座への切り替えを進めていることがうかがえる。例えば、銀行口座を開設するとき、通帳の有無を選択できるもののほか、通帳が発行されることのないものも増えている。大手銀行では前者が採用され、通帳なしを選択した場合は特典が得られるという仕組みになっているものが多い一方で、ネット系や流通系などでは後者が採用される傾向があるようである。

銀行においても、コスト削減への対応を検討している一方で、それが利用者の反発を生んで損失につながるリスクもあり、思い切ったことはなかなかできないようである。

この中で、いつか、通帳がなくなる日はくるのだろうか?

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする