最近Manjaroが人気らしい

Distrowatchによれば、2018年3月14日時点の直近6ヶ月間の間、Manjaro Linuxの人気度がLinux Mintについで2番目だという。あまり聞きなれないディストリビューションだが、Manjaroはどういったディストリビューションなのだろうか?

Manjaro Linuxは、Arch Linuxをベースに、ユーザーへの利便性を意識したディストリビューションで、デフォルトでGUI環境及びパッケージ管理システムのGUIツールが提供されている、ハードウェアを自動検知するコマンドが追加されているなど、Arch Linuxと比較して導入しやすいように作られているという。

これまで、CentOS、RHEL、Ubuntu、Linux Mintがメジャーになっているということもあって、Manjaroがどれくらい躍進を遂げるのかについては、まだ未知数な部分はあるものの、これからの成長が気になる、ディストリビューションといえるだろうか。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする