満員電車でも少しでも疲れないようにするには

社会人として通勤するときや、あるいは学校に通う時はしばしばラッシュ時の混雑に悩まされる。この中でも、少しでも疲れないようにするにはどうしたらいいのだろうか?

個人的には、まず座れるに越したことはないと考えている。出発地では充分に座れるほど空いているのであれば、それはかなりラッキーであると言えるだろう。あるいは、始発電車があるのであれば、それを利用するというのも充分にあるだろう。

それが難しい場合は、壁側を選ぶという選択もある。壁に寄りかかることで、体重が分散されるので、少しだけ足が疲れにくくなると考えられる。これも難しい場合は、手すりやつり革を使えるかどうかにかかってくる。

満員電車はそれだけでもかなり疲れてしまい、業務効率の悪化につながるが、回避もなかなか難しいので、いかにして軽減できるかを模索していきたい。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする