Markdownの記法を使えばなんてことはなかった

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

Jetpack MarkdownとSyntaxHighliter Envolvedは競合する?で散々苦労していたコード問題だが、『Markdown で Syntax Highlighter を利用時に言語の設定 WordPressの記事内でソースコードを綺麗に見せる。』(megane9988のブログ)を参考に書き方を変えれば思ったよりすんなり解決した。

当方の場合は、Swiftも使っている関係上、Syntax Highlighter for WordPressの代わりに以下のプラグインを使っている。

そして、Jetpackを併用することによって、Markdown形式でソースコードも記述することができるようになった。

書き方としては、基本的には『Markdown で Syntax Highlighter を利用時に言語の設定 WordPressの記事内でソースコードを綺麗に見せる。』(megane9988のブログ)と同じである。C言語であれば(警告: ここではMarkdownの記法と競合することを防止するため、「`」を全角で書いています。実際に使う時は「`」は必ず半角で書いてください)、

C++であれば、

Swiftであれば

といった感じで書けば良い。

それにしても、突然バグのような挙動に悩まされたわけで、いろいろ面倒だったものの、これでひとまず解決といったところだろうか。

もし古い記事で表示がバグっているのを見つけたら、報告してくださると幸いである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする