PFImageStoreの開発状況

注意: この記事は1年以上前に掲載されたものです。情報が古い場合がありますのでお気を付け下さい。

現在、GitHubでPFImageStoreの開発を行っており、一応、Carthageで使えるようにはなっている。最低限テスト目的で使えるようにはなっているが、現時点ではまだ、使い方については説明していなかったので、ここで一旦説明を行なってみたい。

インストール方法

ここではCarthageをインストール済みとして扱う。もしインストールがまだであれば、Carthageという選択肢を参考にインストールを行う。

まず、Cartfileを作成1 し、github "saitomarch/PFImageStore"を加える。その後、以下のコマンドでインストールする。

なお、iOSのみであれば、carthage update --platform iosとすることで、iOSのみのライブラリーがビルドされるようになる。

その後は、プロジェクトを開き、リンクの設定とフレームワークのコピーの設定を行うことで、インストールが行える。方法については、『Carthage を使ってライブラリを管理する』(xykのブログ)に書かれているので、それを参考にされたい。

使用方法

ここではObjective-Cを使った場合を想定する。基本的にはSwiftでも応用できるので、是非とも参考にしてもらいたい。

まずは、使用するコードの上部に以下を追加する。

その後、画像をダウンロードしたいところで以下のようなコードを記述する。

これで概ねの処理が行われるだろう。

なお、現時点ではSingletonを使わないパターンも想定している。必要に応じて使い分けると良いだろう。

最後に

現在でもまだ未完成な状況にあるが、もし機会があれば利用して見ていただけると幸いである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

  1. すでに作成している場合は、編集 []
スポンサーリンク

フォローする