熱中症に要注意

2017年7月の段階で既に猛暑が始まり、3日には既に東京都・埼玉県だけで計50人超が熱中症で搬送されるという事態が発生しており1 、早くも熱中症対策に気をつける必要に迫られている。

この猛暑は、2017年2月の記事『この夏は暑い 猛暑・酷暑か』(tench.jp)でも予想されており、それが現実のものになりつつあるといった感がある。熱中症は誰でも発症しうる危険性があるため、適宜対策を行う必要がある。

主な対策法としては、生活習慣を見直す、室内環境を整える、適切な水分補給(場合によっては塩分補給も)や休憩を取るといったことが挙げられる。『熱中症について学ぼう:予防と対策』(熱中症ゼロへ)が詳しいので、そちらも参照されたい。

この猛暑・酷暑は日本以外でも発生している模様で、アメリカ西部において50度を超えるみられるほど2 の猛暑を記録、ブルガリアでも死者が発生するほどの猛暑となっている3 など、かなり深刻なようである。

これから厳しい暑さの夏が続くが、是非とも乗り越えていきたいところである。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。
  1. 猛暑 東京・埼玉で“熱中症”50人超搬送』 – 日テレNEWS24 []
  2. 米西部で記録的な猛暑、気温50度超えも 停電や欠航相次ぐ – CNN.co.jp []
  3. ブルガリア、猛暑で5人死亡 気温44度の地域も – AFP BB NEWS []
スポンサーリンク

フォローする