そごう柏店閉店から1年半

2016年9月30日にそごう柏店が閉店してからおよそ1年半が経過しているが、跡地をめぐる課題が多く、当面の間はこのままの状態が続きそうだ。

そごう柏店(当初は柏そごう)は、当時の柏駅周辺の再開発ラッシュ真っ只中の1973年10月10日に開店、ほぼ同時期には柏高島屋(現: 柏高島屋ステーションモール)や丸井柏店(現: 柏マルイ)も開店し、競争が繰り広げられていたが、次第に経営が厳しくなり、2016年9月30日に閉店した。

閉店後、そごう跡地の売却交渉で、三井不動産が優先交渉権を得て、2018年3月にはそごう・西武および大半の地権者の所有分が売却されたという1 。ただ、残る地権者との合意には至らず、再利用の目処が立っていないという。

そごう柏店の跡地が今後どうなっていくのか、この計画にも目が離せない状態が続いている。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

  1. 千葉)三井不動産に旧そごう柏ほぼ売却 跡地めど立たず – 朝日新聞デジタル []
スポンサーリンク

フォローする