AKB48握手会での傷害事件

個人的にはAKB48はそういうアイドルグループがいることと、一部のメンバーが面白そうだという点を除けばよく知らないし、関心も薄いが、25日に起きた握手会での傷害事件に関しては本当に残念なことであった。

幸い、切りつけられた入山杏奈・川栄李奈及びスタッフの男性の命に関わるようなものではなかったとのことなのでその点では安堵だが、今後の当該グループなどの方向性、あるいは芸能界の安全対策と、イベントのあり方などに大きな影響を与えるのではないかと考えざるを得ない。

被疑者は「殺すのは誰でもよかった」という旨の供述をしているとのことで、いわゆる無差別殺人を目的としていたと考えられる。

今回は幸いにも現時点では死者が発生しなかったものの、過去にも秋葉原連続通り魔事件のような悲惨な無差別殺人事件が起きており、これらのような事件の根底には何があるのか、それをどう対処するのかが求められると考える。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。
スポンサーリンク

フォローする