システムのキッティング計画も結構面倒なのね

関わっているプロジェクトで、キッティング作業が必要なものが出ていて、どういう風にキッティングをするようにしていくのかというのを考えなければならないのが出ているが、それがかなり面倒で、頭が痛くなるところがある。

システムのキッティングというと、多くの場合は単純作業的なイメージが強いものと考えられる。実際、キッティング作業そのものはハードウェアの設定やソフトウェアの設定などをマニュアル通りに行なっていくという面が強く、実際の作業にあたっては単純になっている。

しかしながら、その実行に移すための手順を作り上げるというものについてはかなり面倒である。というのは、どうやって単純化させて、ヒューマンエラーを起こさないようにするのか、あるいはどういったツールを使うのか、どういうシチュエーションなのかといった、考える要素が山ほどあるからである。

考えてみれば、自身も含め実際の作業をやっている人が手早くできるようにするために、その計画でかなり考えられているんだなというのを考えさせられる今日この頃である。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しています。ご用の方はコメントかコンタクトフォームにて。

スポンサーリンク

フォローする

トラックバックURL