Objective-CとSwiftを使ってみよう – 必要な環境

Objective-CとSwiftを使ってみよう – はじめにでは、Objective-CとSwiftについて、それぞれの言語についてと、最初の簡単なコードについて説明した。ここでは。実際にObjective-CとSwiftを学習するにあたって、何が必要なのかを説明をしてみたい。

気軽に学習したい方はブラウザでできる

今日ではプログラミング言語を学習したいだけであれば、paiza.ioなど、オンラインでのソースコード編集・実行環境が公開されているため、それを利用することで、現在使っている環境に手を加えずに気軽にプログラミングを学習することができる。

今日ではブロードバンド・スマートフォンの普及で、常時接続が多くなっており、インターネットにさえ繋がっていれば簡単に使えるという利点がある。一方で、本格的な開発には対応できないため、本格的な開発を行うには、統合開発環境を使うことになる。

本格的に開発するならMacは必須

本格的な開発、特にmacOSアプリやiOSアプリを開発することも検討しているなら、Macは必須になる。というのも、これらはMacでの開発が必要になるからである。Objective-CやSwiftのコンパイラー自体はWindowsやGNU/Linuxシステムなどでも使えることには使えるが、特にiOSアプリではMacでビルドする必要があるからである。

この場合でも、基本的にはXcodeをAppStoreからインストールすることで容易に使えるようになる。

最後に

ここでは、Objective-CやSwiftの学習に必要なものを説明した。学習するだけなら、今日ではわざわざ特殊なツールをインストールする必要はないが、本格的に行うなら必要になるといった算段である。

次あたりからは、進めていきたい。

ウェブマスター。本ブログでITを中心にいろいろな情報や意見などを提供しております。仕事依頼や相談などについては、Contact Formよりお願いいたします。

トラックバックURL